ペットのうさぎの気になる情報-

ペットの種類別の気になる情報を集めています

愛するウサギをペットとして飼うのですから、最後まで面倒をみてあげましょう。

うさぎの平均寿命

ネザーランドドワーフ:

5~7 歳

ネザーランド ドワーフ(Netherland Dwarf)は、オランダに起源を持つカイウサギの一品種である。ネザーランドとは英語でオランダの意味で、ドワーフとは小型を意味する。

ネザーランド ドワーフはカイウサギの中では最小のウサギで、体重は約0.8 – 1.2kgである。この種類のウサギは小さいため、一般的に毛皮や食肉用途に用いられることはない。 ペットショップで売られているほとんどのウサギはネザーランド ドワーフか、その派生種、交雑種(単に雑種)である。 ネザーランド ドワーフは20世紀初頭にオランダで作成された品種である。外観はネザーランド ドワーフの頭と目は体格に比してアンバランスである。耳は小さく、より頭頂部の方についている。加えて顔は丸く短い。ペットショップでは、ネザーランド ドワーフとの雑種をピーターラビットやミニウサギとして販売している。純血種より安価であるが、大型化したり、長い面になったりする可能性がある。ネザーランドドワーフの怪我では、脱臼・骨折 、ソアホックに注意したい。ネザーランドドワーフの病気では歯の不正咬合やスナッフル・毛球症・尿石症などに気をつけてあげましょう。

ロップイヤー

(Lop ear)の主な品種は、ホーランド ロップ、アメリカンファジー ロップ、イングリッシュ ロップ、フレンチ ロップです。

ロップイヤーは、耳が非常に大きく垂れているのが特徴で、「イングリッシュ」のように、本来は中型のウサギであるが、人為的に品種改良された「ホーランド」や長毛種の「アメリカンファジー」のように小型になっているものが多い。他の品種と比べて顔が丸く愛嬌があり、性格は非常におとなしく、人にもよく懐く。ペットとして人気が高い。

イングリッシュロップイヤー

(English_Ropyear)は、カイウサギのペット用に作成された品種、血統のひとつ。ロップ種(垂れ耳)の中で最も小さい品種である。原産国はオランダ

イングリッシュロップイヤーは、生後0-6か月が幼獣で、7か月以上を成獣と考える。イングリッシュロップイヤーは、オランダのウサギブリーダーであるエイドリアン・ド・コック(Adriann de Cock)により、当時の最良品種であるフレンチ ロップ(大型で垂れた耳で知られる)と、ネザーランド ドワーフ(小型で、現在の最大人気種)の2品種を掛け合わせて作成された品種である。イングリッシュロップイヤーはとても穏やかな性格の持ち主で、非攻撃的であるが、個体によって極端に違う性格である。


ホーランドロップ:

7~10 歳

ホーランド ロップ(Holand Rop)は、カイウサギのペット用に作成された品種、血統のひとつ。ロップ種(垂れ耳)の中で最も小さい品種である。原産国はオランダ

ホーランド ロップは、生後0-6か月が幼獣で、7か月以上を成獣と考える。ホーランド ロップは、オランダのウサギブリーダーであるエイドリアン・ド・コック(Adriann de Cock)により、当時の最良品種であるフレンチ ロップ(大型で垂れた耳で知られる)と、ネザーランド ドワーフ(小型で、現在の最大人気種)の2品種を掛け合わせて作成された品種である。ホーランドロップはとても穏やかな性格の持ち主で、非攻撃的であるが、個体によって極端に違う性格である。


アメリカンファジーロップ:

6~8 歳

アメリカンファジーロップ(American fuzzydrop)は、ホーランドロップイヤーとフレンチアンゴラの交配種、ファジーホーランド同士を交配し誕生した種。原産国はアメリカ。

アメリカンファジーロップは、体毛はやわらかく密に生えており、少し縮れている。ロップイヤーの中では小型である。中にはとてもまれに気の強い個体がいるが、基本的におっとりとしていてやさしい性格。抱っこされることを嫌がらない個体が多い。夏場・梅雨時などは、お尻まわりを中心にお手入れをし、皮膚病を予防する。また、耳が垂れていることもあり、耳の通気性が悪いため、耳掃除はまめにいたしましょう。


ライオンラビット:

5~10 歳

ライオンラビット(Lion Head Rabbit)は、ライオンヘッドラビットとも呼ばれ、短めの耳と顔のまわりにあるたてがみのような飾り毛が特徴的なウサギ。そのたてがみ以外の被毛に関しては比較的短毛である。原産国はベルギー。

ライオンラビットは、小型のアンゴラ種やジャージーウィリーなどの長毛種を交配して生まれた品種とされ、ベルギーが改良地と考えられているそうです。ライオンラビットは新しい品種で、血統がやや不安定なこともあり、体重・毛並みなどの個体差が大きいようだ。そのため、たてがみの長さやボリュームに個性がみられるようです。ライオンラビット・ライオンヘッド・ライオンロップ(垂れ耳)・ドワーフライオン(小型)はハムスターやリスと同じ、前歯が可愛らしいげっ歯目に分類されている動物です。(現在はうさぎ目という分類が新設され、うさぎ目として独立しています。)


ドワーフホト:

7~8 歳

ドワーフホト(Dwarf Hotot)は、ネザーランドドワーフ、ブランデホトなどを交配してきでた品種です。原産国は東西ドイツ 

ドワーフホトは、体がネザーランドドワーフの様にコンパクトで短く、丸い。顔は、どこからみても丸いく小さな耳は、長さ約7cmを超えてはいけない。アイバンドと言われる目の周りの黒色は、細く濃く均等な幅で縁取りされているのが理想です。起源は西ドイツと東ドイツにあり、2人のブリーダーが同時期に違う品種の交配によって同じ種類にたどりついたといわれています。1981年にアメリカに持ち込まれました。ドワーフホトは、子うさぎの時期を過ぎれば、病気や飼育の面でのトラブルは少ないようです。 また小さいので広い飼育スペースを必要としませんので、飼いやすい品種といえます。


ミニウサギ:

10~12 歳

ミニウサギは、さまざまな品種の交雑種を総称したウサギと考えられており、体格・毛の長さ・色などにかなりの個体差がある。”ミニウサギ”という品種は存在しない。

ミニウサギは体が丈夫な個体が多いことも特徴。繁殖期は通年であり、1度の出産で1~10匹(平均6~8匹)の子供を産む。臆病な個体もいるが、基本的にはなつきやすい。聴覚・嗅覚が発達している。見た目が可愛らしく、価格が比較的リーズナブルなため、ウサギの中でも人気が高い。体色・毛質・体形(大きさ)が非常にバラエティーに富んだウサギで、好みの個体を選ぶ楽しさがある。

ミニレッキス

(Mini Rex)は、1919年にフランスで開発されたレックスの品種から突然変異により派生したウサギ 。改良地はアメリカ 

ミニレッキスは、全身が光沢のあるベルベット(ビロード)状の密度の濃い短毛でおおわれ、バランスのとれた筋肉質な体形が特徴。カラーバリエーションも豊富で、ブラック・ブルー・ライラック・キャスター・チョコレートなどさまざまである。レッキス種はほかの品種と違い髭が少し退化しており、この特徴は短毛で美しい毛並みを重視し改良されたためと考えられる。性格はフレンドリーです。

サテンアンゴラ :Satin Angora

現在日本をはじめ世界で飼育されているうさぎはヨーロッパアナウサギを品種改良した種で、野うさぎとは別の種類に分類されています。サテンアンゴラ (Satin Angora)は、サテン・ミニサテン・サテンアンゴラ(うさぎ)はハムスターやリスと同じ、前歯が可愛らしいげっ歯目に分類されている動物です。(現在はうさぎ目という分類が新設され、うさぎ目として独立しています。。原産国 カナダ

歴史は古く、古代バビロニア文明にはすでに登場している。中世では貿易の高級アイテムとして捉えられていたほど。 ヨーロッパへは18世紀前半に導入されたらしい。1765年のフランスの百科事典にアンゴラ種の種類が記載されている。 本種、サテンアンゴラは比較的新しい種類で、北アメリカ地方にて産出されたものである。サテンアンゴラは、全体が毛で覆われているのが特徴的。 “The Bunny With A Bonus”と称されている 。

イングリッシュアンゴラ

(English Angola)は、優雅な毛皮に包まれた本来は被毛を利用するために生み出された長毛種。

イングリッシュアンゴラは、毛がとても長く、モコモコもしくはフサフサしたルックスです。 性格はとてもおとなしく、あまり活発ではありません。 静かにしていることを好みます。冬にはとても強いです。 その反面、夏の暑さに極端に弱く、温度管理には細心の注意が必要です。イングリッシュアンゴラは耳の先まで長い毛でおおわれていますが フレンチアンゴラは耳の毛は長くなりません。

フレンチアンゴラ

(French Angora)は、フランス出身の中型長毛種。 毛を利用するために改良された品種です。原産国 トルコ アンカラ

フレンチアンゴラは、毛がとても長く、モコモコもしくはフサフサしたルックスです。 性格はとてもおとなしく、あまり活発ではありません。 静かにしていることを好みます。冬にはとても強いです。 その反面、夏の暑さに極端に弱く、温度管理には細心の注意が必要です。イングリッシュアンゴラは耳の先まで長い毛でおおわれていますが フレンチアンゴラは耳の毛は長くなりません。

ジャイアントアンゴラ

(Giant Angora)は、全体が毛で覆われているのが特徴的な毛皮を持つ大型種。 “The Bunny With A Bonus”と称されている 。原産国 アメリカ

サテンアンゴラは、アンゴラ種の中で最大の大型版のうさぎです。しかし、代謝は遅い傾向があり、飼料摂取量は体重に比例したよりも小さいようです。大きなうさぎは比較的に短命なようです。

日本アンゴラ:Japan Angola

アンゴラ種はトルコのアンゴラ地方で毛皮を取るために改良された品種です。日本では明治時代にイングリッシュアンゴラを元に改良されました。

イギリス原産のローヤル・アンゴラ種を基礎として、フレンチ系アンゴラ、カナダ系アンゴラ等 いくつかの類似品種を日本において改良され 掛け合わせ作り出されたとされる。日本で流通していた従来の品種に比べ、やや大型で毛質はやや太め。アルビノの白色種 平均体重は2.2kg 体長27~28cm

ジャージーウーリー:JJersey Wooly 

ジャージーウーリーは美しいコート(被毛)を持ちながら簡単に手入れの出来る小型のうさぎ作出のためネザーランドドワーフとフレンチアンゴラをクロスブリーディングしてジャージーウーリー は作り出されました。原産国はアメリカ

ネザーランドドワーフが長毛種になったような風貌のうさぎ。 体重は1360グラムが理想。短くコンパクトなからだに、丸く大きな頭が付いている。 毛の長さは、7.5センチ程度の均一。 毛に充分な密度と手触りの良さがあるうさぎでおとなしく臆病な性格の品種

ジャパニーズホワイト :Japanese White

ジャパニーズホワイト(日本白色種) は 日本人はなじみの深い「白うさぎ」です。全身が真っ白で短毛です。耳が長くとがった顔つきをしています。目の色は赤色です。 原産国は日本です。

白うさぎは短い白い毛と赤い目が特徴。丈夫で飼いやすい。 日本で飼われているウサギは、この種類との交雑が多い。ほとんどの種類のウサギの性格は温厚で人なつっこく飼い易い性格です。メスよりオスのほうがより人間になつき易いといわれていますが、オス同士の縄張り意識が強いので、同じゲージで飼うのは適さない。平均体重は4kg~5kg です。


フレミッシュジャイアント :Flemish Giant

フレミッシュジャイアント(Flemish Giant)は、ノウサギ(ヘアhare)を原種としてを品種改良された。原産国はヨーロッパ 。

フレミッシュジャイアントは、ウサギの中では非常に大きなサイズの品種で、人形のようにおとなしい。大きな体に加え、最大7 – 8 kg近くまで体重が増える。

ニュージーランド :New Zealand

ニュージーランド(New Zealand)は、ノウサギ(ヘアhare)を原種としてを品種改良された。原産国はアメリカ 。

ニュージーランドは、ウサギの名前にもかかわらず、メキシコが起源のようです。バランスのとれたボディを持っています。

チェッカードジャイアント :Checkerd Giant

チェッカードジャイアント(Checkerd Giant)は、アメリカ出身、の8キロにもなる大型種。 イングリッシュスポットを元に大型に改良されました。原産国はドイツ

チェッカードジャイアントは、・アーチのかかった大きな体に白地に濃いポイントの入った模様がワイルドさを引き立たせている種類

ベルジアンヘアーラビット :Checkerd Giant

ベルジアンヘアーラビット(Checkerd Giant)は、起源はベルギーのフランダース地方といわれている。18世紀前半、フランスではベルジアンラビットヘアーと呼ばれていた。原産国はベルギー

ベルジアンヘアーラビットは、好奇心旺盛であまり人を怖がらない。中には神経質な個体もいるので、スキンシップをするときには決して攻撃的な態度ではなく、やさしく接して、徐々にならす。基本的な飼育は他種のウサギ同様だが、この種は体重のわりに骨が細いため骨折などの注意が必要である。

ポーリッシュ :Polish 

ポーリッシュ(Polish)は、ポーリッシュは小型のうさぎでネザーランドの誕生に一役買った素と言われる。 原産国はイギリスとドイツ 。ポーリッシュは、マズルは短く耳も小さく最大でも1.5kgのミニミニウサギです。ダッチ種の突然変異種です。この種と野生の小型種との交配から、ネザーランドが生まれました。、ポーリッシュとはポーランドのこと。しかし起源については詳しくは分かっていない。理想体重は0.90~1.3kg 基準体重は0.7~1.5kg 耳の長さ平均 5~6cm

ヒマラヤン :Himalayan

ヒマラヤン(Himalayan)は、ヒマラヤウサギはウサギの最も古い品種の一つです。原産国は中国

ヒマラヤンは、一般的に非常に穏やかで性格も良いです。

ダッチ :Dutch

ダッチ(Dutch)は、パンダのような白黒もようのウサギ(通称:パンダウサギ) 。原産国はオランダ。

ダッチは、白黒もようがパンダに似ていることから、ペットショップによってはパンダウサギともよばれている元気なウサギです。他のうさぎと混ざり、パンダうさぎと名がついたハーフウサギの起源になった。 2Kgから3Kgの中型短毛種。本来のダッチは、体の模様の基準が厳しく非常に繁殖が難しい種類だそうです。

ライオンラビット :Lion Head Rabbit

ライオンラビット(Lion Head Rabbit)は、ライオンヘッドラビットとも呼ばれ、短めの耳と顔のまわりにあるたてがみのような飾り毛が特徴的なウサギ。そのたてがみ以外の被毛に関しては比較的短毛である。原産国はベルギー。

ライオンラビットは、小型のアンゴラ種やジャージーウィリーなどの長毛種を交配して生まれた品種とされ、ベルギーが改良地と考えられているそうです。ライオンラビットは新しい品種で、血統がやや不安定なこともあり、体重・毛並みなどの個体差が大きいようだ。そのため、たてがみの長さやボリュームに個性がみられるようです。ライオンラビット・ライオンヘッド・ライオンロップ(垂れ耳)・ドワーフライオン(小型)はハムスターやリスと同じ、前歯が可愛らしいげっ歯目に分類されている動物です。(現在はうさぎ目という分類が新設され、うさぎ目として独立しています。)

ピーターラビット :Peter Rabbit

ピーターラビット(Peter Rabbit)は、商品名 です。

名前の由来は、ピーターラビットの物語の モデルとなったウサギがネザーランドドワーフだからです。 しかし、ネザーはネザーと呼びますからピーターラビット とは呼びません。 一般的にピーターラビットと呼ぶのは、血統書の無い ネザーランドドワーフ とか ネザーランドドワーフ系 の小型のウサギです。しかも色はオレンジが多いようです。※ネザーランド・ドワーフ 原産国・オランダ 体長・25Cm~35Cm ピーターラビットのモデルにもなったこのうさぎが最近のペットショップでの定番になっています。

※個体差があるので参考程度にして下さい。

ウサギの種類一覧表

セミアーチタイプ Semi Arch Type

マンドリンに似ているのでマンドリンタイプともいう。

超大型品種:食肉用、毛皮用に作られた品種が多い

アメリカン American

原産国:アメリカ カリフォルニア州パサデイナ、理想体重:♂4.54kg♀4.99kg

当初はジャーマンブルーウイーンと呼ばれていた。現在は稀少な品種

ベファレン Beveren

原産国:ベルギー ベファレント、理想体重:♂4.54kg♀4.99kg

当初はジャーマンブルーウイーンと呼ばれていた。古い歴史があるが現在は稀少な品種

イングリッシュロップ English Lop

原産国:イギリス とても古く起源は不明、理想体重:♂4.54kg♀4.99kg

長く大きな耳が特徴の大型の垂れ耳うさぎ、フレンチロップやホーランドロップの元として知られる。

フレミッシュジャイアント Flemish Giant

原産国:ヨーロッパ、理想体重:不明

世界最大のウサギで体重10kg以上でやさしい巨人と呼ばれる。

アルゼンチンのパタゴニアンラビットが先祖ともいわれる。

ジャイアントチンチラ

解説

/胴体がとても長い


ペットの種類別の気になる情報に戻る・・・

次の記事

ペットの鳥の気になる情報—